寝起きの口臭 対策

寝起きの口臭について

口臭がもっともキツくなるのは朝目覚めた時なんですよ。

 

眠っている間は唾液の分泌量が普段よりも少なくなるため、
起床直後の口の中は、雑菌でいっぱいになっているからなんです。

 

口臭は自分の臭いでも不快に感じるものですし、
隣に愛するパートナーがいるのなら尚のこと寝起きの口臭をできるだけ抑えて、
爽やかな朝を迎えたいものですよね。

 

 

「では、寝起きの口臭を少しでも抑えるために、有効な方法には
どのようなものがあるのでしょうか?」

 

 

1.就寝前の歯磨き
寝る前に歯を磨くだなんて普通のことじゃないか!という声が今にも聞こえてきそう
ですね笑

 

ですがいっぽうでは、磨かずに横になったらうっかりそのまま寝てしまって、
気づいたら朝だったという経験をされたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

仕事が忙しかったり体調が優れなかったりすると、歯磨きするのが、
どうにもこうにも億劫になってしまうことってあるんですよね。

 

「磨かないのは今日1日だけで、明日からは必ず磨く」

 

この誓いが日常化してしまうと、口臭だけでなく虫歯の大きな原因とも
なってしまいます。

 

必ず磨くように心掛けましょう。

 

 

2.舌のケア
鏡の前でベーっと舌を出した時に見える白いものを「舌苔」といいます。

 

舌苔と書いて読み方は「ぜったい」と読みます。

 

舌苔の正体は、口内の雑菌や食べカスなどなので、歯垢が舌に付いたものと
考えればイメージしやすいかもしれませんね。

 

舌は味覚を感じるデリケートな部分ですので、綿棒や舌専用のケア用品などを
使用してキレイに掃除してあげてくださいね。

 

 

3.お酒が多い
お酒には強い利尿作用があるので、たくさん飲むと体内の水分が
不足していってしまいます。

 

このことは、ただでさえ唾液の分泌量が減少する睡眠中に輪をかけて、
口の乾きに拍車をかけてしまいます。

 

また、唾液の量を減らしてしまうのはお酒だけではありません。

 

強いストレスを感じている人の口の中も、ドライマウスと呼ばれる、
乾いた状態になりがちだといわれています。

 

 

⇒「寝起きの口臭」を甘く見ちゃダメ!臭ピタッでしっかりケアTOPへ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ